重要なデータはデータ復旧業者で復活できる!

論理障害と物理障害

女性

自己対応と業者依頼

仕事をしていてパソコンに発生するトラブルとして、まずはパソコンが正常に動かない時があります。起動しなかったり、突然フリーズしてそのまま固まってしまうなどです。可能性としてはハードウェアに何らかのトラブルが発生した可能性があります。一方、普通に作業をしていて使いたいデータやファイルが使えない時があります。保存したはずのファイルがなくなっていたり、ファイルはあるものの読み込めない状態です。これはソフトウェア上のトラブルの可能性があります。パソコンにトラブルが発生したとき、重要なデータに関するトラブルならデータ復旧を考える必要があります。この時にトラブルには論理障害と物理障害があることを知っておくと良いでしょう。論理障害はソフトウェア上の問題で、トラブル発生時にはデータはまだ残っている可能性があります。データ復旧の方法として、自己対応できる可能性があります。復旧ソフトと呼ばれるものがあり、それを利用すると消えたデータや使えないデータが使えるようになる可能性があります。費用もそれほど掛かりません。物理障害は、パソコンの電源や配線、ハードディスク細部のトラブルにより使えない状態です。この状態からのデータ復旧は自己対応は難しくなります。一定の設備を備えたデータ復旧業者に依頼をしないといけません。電源や配線トラブルぐらいならメーカーでも対応してくれますが、ハードディスクの細部のトラブルだと専門業者でないと対応してもらえません。費用は掛かるときもありますが、その分大事なデータを取り戻せる確率は上がります。

Copyright© 2018 重要なデータはデータ復旧業者で復活できる! All Rights Reserved.