重要なデータはデータ復旧業者で復活できる!

パソコンを操作する人

大容量のデータのやりとり

ファイル転送サービスは大容量のデータをメールのような形式で相手に送ることができるサービスである。従来、大容量のデータを送る場合、ファイルを細かくわけ送信したり、DVDに焼いて送っていた。これらの作業がファイル転送サービスはなくなり、スムーズにデータを送ることができるため、現在人気が高まっている。

男の人

セキュリティと設備

データ復旧業者の選び方として、セキュリティに関する取り組みをどうしているかがあります。きちんと取り組みをしていて、公的な資格を得ているところだと安心できるでしょう。クリーンルームなどの設備を持っているかどうかも判断基準になります。

男女

遅くなってイラツキます

容量が足りなくなってくるとパソコンは、どんどん動きが遅くなってくるのは誰もが経験するところです。しかし動きが悪いままでは仕事に支障をきたすこともあるので、職場のパソコンは常に快適にするべく高速化サービスを利用することをおすすめします。

女性

論理障害と物理障害

パソコントラブルには論理障害と物理障害があり、それぞれでデータ復旧時の対応が異なります。論理障害なら自己対応が可能で費用もあまりかかりません。物理障害は業者に依頼する必要があります。パソコン本体以上の費用がかかるときもあります。

パソコンを操作する人

企業情報の送受信と保守

ファイル転送サービスは多くの企業が採用している優れたシステムです。これはメールでの送受信が不可能な大容量ファイルを容易にやりとりすることが可能になるサービスで、企業の情報漏洩を防ぐ効果も兼ね備えています。

修理ではなくデータ取得

メンズ

メーカでは対応不可

パソコンは家電製品の一つです。いろいろな事情で故障して使えなくなります。保証期間であれば、メーカーに連絡すれば無償で故障の修理をしてくれたり、新品との交換をしてくれる時があります。保証期間外でも、通常の使い方をしていれば有償での修理をしてもらえます。ただパソコンの故障時の修理ではある問題があります。それはデータ復旧してもらえるかどうかです。新品との交換ならデータは戻ってきませんし、ハードディスクの交換時も同様です。メーカーの対応に関する文書でも、データ復旧業務は行わず、入っているデータの保証はしないと書かれているケースが多いです。会社で使っているパソコンには仕事のデータもあり、パソコン本体よりもデータの方が大事な時もあります。この時に利用するのがデータ復旧を専門的に行う業者です。こちらはパソコンの修理をしてくれるわけではなく、とにかくデータ復旧をメインに色々対応してくれます。時にはハードディスクを分解して、細かい作業をしたうえで復旧してくれる時もあります。業者に依頼をすると、状況にもよりますがパソコンは使えないままのケースがあります。データに関しては、DVDなどのメディアに保存をして渡してもらえます。論理的障害などでハードウェアに特に問題がない時は、パソコンも使える状態ですし、データも使える状態にして戻してもらえます。少しでも仕事や会社に重要なデータが入っているのであれば、メーカーではなくデータ復旧業者を利用した方がいいでしょう。

Copyright© 2018 重要なデータはデータ復旧業者で復活できる! All Rights Reserved.